ステップ5

=スポンサードサーチ =


黄金の腸内フローラとは?

黄金の腸内フローラのイメージ

 

カンジダ菌によって乗っ取られていた腸内フローラも、ステップ5までくると再建のめどが立ってきたといえるでしょう。

 

今こそ、腸内細菌たちの楽園である「黄金の腸内フローラ」をつくるときです。

 

黄金の腸内フローラ、それは多様な腸内細菌が共生する腸内環境のことです。

 

この「多様な」という部分がとても重要であり、最近の研究では腸内細菌の「多様性」こそが最も健康に貢献する要素であることが分かってきました。

 

そして、糖尿病や慢性疲労症候群など様々な病気において、それらの有病者は健康な人と比較して腸内細菌の多様性が低下していることが明らかになっています。

 

ですから単純に善玉菌がたくさんいればよい、という話ではないのです。

 

少ない種類の腸内細菌だけが棲息しているような環境は不自然で不安定なのです。

 

善玉菌も悪玉菌も日和見菌も、多種多様な細菌たちが、ある時は戦い別の時には協力しながら共存している状態こそ、最も自然で壊れにくいのです。

 

カンジダ菌感染のように通常は少数派であるはずの細菌が異常に増殖し、ディスバイオーシスを起こしてしまうのも、腸内フローラの多様性が低下していることに本質的な原因があります。

 

抗生物質の乱用などで腸内細菌の種類と数が減ってしまい、とても壊れやすい腸内フローラができていたためにディスバイオーシスが起きるのです。

 

黄金の腸内フローラがもたらす恩恵

太陽に向かって両手をあげる人

 

これからあなたが築いていくべきなのは、多種多様な腸内細菌が共生する「黄金の腸内フローラ」です。

 

黄金の腸内フローラがつくられるなら、単にカンジダ菌感染の再発を防げるというだけではありません。

 

健康面でも感情面でも精神面でも、今後の人生において数々の恩恵を長期的に享受できることになります。

 

その恩恵の幾つかを挙げてみましょう。

 

免疫力が高まる

全身の免疫細胞の約70%が腸に集中しており、腸は体の中で最大の免疫器官です。腸内フローラの状態が良いと、小腸の免疫細胞も活性化し免疫力が高まっていきます。免疫力が高まることで、風邪やインフルエンザなどウイルスによる病気に強くなることはもちろん、がん細胞の増殖を防いだり、免疫システムの不調によって起きるアレルギー性疾患の改善にも役立ちます。

 

病気になりにくい

腸内細菌がつくり出す代謝物質の中には、病気の引き金となるものがあります。例えば悪玉菌の中には、アンモニアや硫化水素などの有害物質を放出するものがありますが、これらは病気の原因となる炎症を体のあちらこちらに起こしてしまいます。最悪の場合には、動脈硬化・糖尿病・ガンなどを引き起こします。腸内フローラの状態が良いなら、悪玉菌の出す有害物質の影響を押さえ込むことができます。

 

太りにくい体質になる

最近の研究により、腸内細菌が肥満になりやすいかどうかに大きく影響することが分かってきました。腸内フローラのバランスが悪いと、痩せる働きをする腸内細菌「ヤセ菌」が減少してしまい、代わりに必要のない栄養素までを取り込んでしまう「デブ菌」が増えてしまいます。それで腸内フローラを整えることで、太りにくい体質へと改善していくことができます。

 

若返る

腸内細菌は肌の美しさを保つのに不可欠なビタミン類を合成しています。また腸内フローラが整うと、老廃物も毒素も排出がスムーズにいきますから、きれいな血液がつくられて全身を巡ります。このような腸内フローラの働きによって、シミやシワの改善、美しい髪や爪の維持につながり、若々しい外見を保てます。アンチエイジングのためのどんな化粧品やサプリよりもずっと自然で健康的な美しさを得られます。

 

精神状態が安定する

脳腸相関という言葉があり、腸と脳とは密接に連携して働いていることが分かっています。腸ではセロトニンやドーパミンなど幸福感ややる気と関係のある神経伝達物質がつくられており、感情にも影響を与えています。腸内細菌の働きが悪いと、これらの神経伝達物質が不足し、ウツっぽくなったり、不安が強くなったりします。腸内フローラを良い状態に保つことで、精神状態の安定したストレスにも強い体質になります。

 

黄金の腸内フローラのつくり方

では、多種多様な腸内細菌が共生する黄金の腸内フローラをどのようにつくっていけばよいのでしょうか?

 

理想を言えば、健康な人の便を移植する便移植という方法が確実で効果も早いのですが、まだまだ一般的ではありません。

 

そこで時間はかかっても自分で地道な努力を行い、少しずつ理想に近づけていくというのが現実的な方法となります。

 

以下に自力で理想の腸内フローラをつくるための主なポイントを挙げてみます。

 

腸を安定して働かせる

虹の出る街

 

腸内細菌を腸内フローラの住人とするなら、腸管自体は都市のインフラにたとえられます。インフラとは、道路や交通機関、上下水道、電気・ガス、通信網など生活の基盤となる設備のことです。

 

街のインフラがしっかりしていないと、街の住人たちもなかなか増えていきません。

 

同じように、腸管の働きが安定していないと、その中に住む腸内細菌も種類や数を増やしていくことが難しいのです。

 

腸を安定して働かせるためには、適度な運動やトレーニング良質な睡眠ストレスマネジメントなどが大切になってきます。

 

特に腸は感情の影響を受けやすい器官です。過度のストレスを感じて自律神経の交感神経が優位になると、すぐに働きが鈍くなってしまいます。

 

また運動不足により筋力が弱ると、腸管が垂れ下がったり、ねじれたりしてしまいます。

 

このような理由で腸管の機能が衰えると、排出すべき老廃物や食べ物の残りカスが腸内に停滞し、腸内環境は悪化に向かう一方です。

 

ですから、腸内細菌たちが理想のバランスで増え続けていくためには、腸管が安定してよく働いてくれるように腸を日々鍛えてあげることが必要なのです。

 

多様なプロバイオティクスを取り入れる

プロバイオティクスとは、生きたままの乳酸菌を腸内に取り込むことを言います。

 

多様な腸内細菌を住まわせるためには、プロバイオティクスである発酵食品やサプリメントも多様なものを摂取することです。何か一つに偏るのではなく、意識的に様々な種類の乳酸菌やビフィズス菌を取り入れましょう。

 

16種類の乳酸菌をしっかり補給できるサプリメント
↓ ↓ ↓
乳酸菌革命の公式ページはこちらへ

 

多様なプレバイオティクスを摂取する

プレバイオティクスとは、乳酸菌やビフィズス菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を摂取することで、それらの細菌を育成する手法のことを言います。

 

善玉菌はその種類によって好む食物繊維やオリゴ糖があります。ということは、多種多様な乳酸菌を育成するには、多種多様な食物繊維やオリゴ糖を与えなければならないということです。

 

何か特定の食材だけをよく食べるというのではなく、様々な食材をバランスよく食べることが必要です。

 

ブレンドされた濃密なオリゴ糖はこちらで

 

自然に近い生活を心がける

森の清流

 

研究によれば自然に近い生活を送っている民族ほど腸内細菌の多様性が見られるそうです。

 

日本で暮らしている限り、自然に近い生活といっても限界はありますが、それでも少しの工夫で自然の力を取り入れることは可能です。

 

エアコンの使用回数を減らして、部屋の風通しを良くすることや、日光浴の時間をつくること、森や公園を散歩すること、ガーデニングを趣味にすることなどは比較的簡単にチャレンジできます。

 

食べる物もできるだけ加工食品はやめて、オーガニックの食材を生で食べる機会を増やしてみましょう。

 

水も大切です。非加熱のナチュラルミネラルウォーターのような生きた水を十分に飲むようにします。

 

まとめると、殺菌や人工化されていない生きた水・生きた空気・生きた光・生きた土・生きた食材を取り入れて生活することを意識するということです。

 

この本物の自然の力が、腸内フローラという内なる自然に活力を与え、繁栄させてくれるのです。

 

腸内フローラの状態を知る方法

自分の腸内フローラが理想的な「黄金の腸内フローラ」に近づいているかどうかを知る方法があります。

 

自宅で行なえる検査キットを使って、腸内細菌の割合や構成、多様性などのデータが得られるのです。

 

次世代型腸内細菌叢検査マイキンソーのキット

 

このような検査を活用して自分の腸内フローラの多様性がどの程度なのか客観的に知るなら、腸活習慣を続ける上での大きなモチベーションになることでしょう。

 

多様な乳酸菌で黄金の腸内フローラを!
↓ ↓ ↓
乳酸菌革命の公式ページはこちらへ

= スポンサードサーチ =