ステップ1

=スポンサードサーチ =


ガッツポーズをとる人々

 

カンジダ菌が恐れてやまない2種類の細菌が存在します。

 

それがビフィズス菌とアシドフィルス菌です。

 

これら2つの菌は、暴れまわるカンジダ菌を喰い殺してしまうのです。

 

それで、この腸内フローラの救世主であるビフィズス菌とアシドフィルス菌の特殊部隊を、カンジタ菌制圧の第1ステップとして大量に送り込んであげます。

 

しかし、カンジダ菌は全身に逃げ回る性質がありますから、救世主を送り込む前の下準備として、逃げ道をふさいでおくということが必要です。

 

カンジダ菌の逃げ道をふさぐ

カンジダ菌の逃げ道をふさぐには、カプリル酸という脂肪酸(脂質の主成分)が有効なのです。

 

カプリル酸の効果については、ウィキペディアにも以下のように解説されています。

抗菌活性を持ち、しばしばカンジダ症の治療に供される。栄養学者エリカ・ホワイト (Erica White) によれば、カプリル酸は腸に感染したカンジダ菌への対処に有効である。カンジダ菌は腸でコロニー形成することも多いが、長鎖脂肪酸が存在すると細胞膜組織に侵入しにくくなる。このため栄養学者はカンジダ症の患者にはまずカプリル酸を勧め、その後クローブ油やオレガノ油などの植物油に移行する。
引用元:ウィキペディア「カプリル酸」

 

カプリル酸を多く含む食品は、ココナッツオイルです。

 

それで、カンジダ症が疑われるなら、とりあえずはココナッツオイルを毎日摂取することから始めるのをお勧めします。

 

ココナッツオイルは、単にカンジダ菌対策に役立つだけではありません。美容と健康に役立つ成分がたくさん含まれており、認知症・糖尿病・便秘・アトピー・冷え症の予防にもなると言われています。

 

海外スーパーモデルのミランダ・カーも「ココナッツオイルなしでは、生きて行けない」と述べており、毎日大さじ4杯摂取しているようですから、あの美しさの秘訣はココナッツオイルにあるのでしょう。

 

それで、ぜひ毎日の健康習慣としてココナッツオイルの摂取を取り入れてみてください。

 

サプリメントタイプなら、いつでも手軽にココナッツオイルを補給できるので続けやすくて便利です。
↓ ↓ ↓


 

こうしてカンジダ菌の逃げ道をふさいだら、いよいよ救世主を腸内フローラへと送り込みます。

 

乳酸菌による革命

腸内フローラに暴君として君臨するカンジタ菌を打ちのめすには、ビフィズス菌とアシドフィルス菌の両方が必要です。

 

なぜなら、アシドフィルス菌は腸の中でも小腸においてよく働き、一方のビフィズス菌は大腸でよく働くという役割分担があるためです。

 

ところで、乳酸菌を腸に送り込むと聞くと、まず「ヨーグルト」が思い浮かぶかもしれません。

 

しかし、カンジタ菌感染の起きている方の場合は、ヨーグルトを含む乳製品は厳禁です。

 

乳酸菌のタンパク質であるカゼインが、腸の炎症を促進するために余計に腸内環境を悪化させる恐れがあるからです。

 

また加糖ヨーグルトやフルーツを入れたヨーグルトは、カンジダ菌のエサである砂糖や果糖が含まれるため最悪とも言えます。

 

それで、ビフィズス菌とアシドフィルス菌はサプリメントを利用して腸へ送り込んでいきます。

 

乳酸菌サプリメントは、乳酸菌の種類数や菌数によって様々なグレードがありますが、腸内フローラに革命を起こすほどの強力なサプリメントとしておすすめできるのは、以下の「乳酸菌革命」です。

 

乳酸菌革命公式サイト

 

乳酸菌革命には、メインとなるビフィズス菌とアシドフィルス菌はもちろんのこと、他に14種類の乳酸菌が1粒に総勢500億個も含まれています。

 

1日に6粒摂取した場合は、1日で約3000億個もの乳酸菌を送り込むことができるのですから、確かに革命が起きないほうが不思議と言えるでしょう。(正確に言えば、最初に革命を起こしたのはカンジダ菌なので、今回は革命返しということになります。)

 

乳酸菌革命についての詳しい情報は以下の公式サイトでご確認下さい。
↓ ↓ ↓
乳酸菌革命の公式ページはこちらへ

 

乳酸菌革命の購入レビューと効果に関する記事はこちら

 

要注意!ダイオフ現象とは?

乳酸菌革命は、摂取の目安として1日2粒から6粒が勧められています。

 

カンジダ菌退治を目的とした摂取の場合は、ご自身の体調の変化をよく観察しながら、摂取量を調節していくことが大切です。

 

特に注意が必要なのは、ダイオフ現象です。

 

カンジダ菌が死ぬと、カンジダ菌の持っていた有害物質が体にばら撒かれたり、カンジダ菌の死骸によってアレルギー反応が起きて、一時的に体調が悪化する場合があります。

 

これがダイオフ現象と言われるもので、具体的には頭痛や倦怠感、眠気、鼻炎・耳鳴り・ふらつき、以前からの慢性病の症状悪化などが起きることがあります。

 

このように症状が強く出る場合には、サプリメントの摂取量を減らすなどして、革命のスピードをややゆるやかにしましょう。

 

そして、症状が落ち着いてきたら、また少しずつ摂取量を増やしていきます。

 

腸内フローラに秩序を取り戻す

カンジダ菌除菌の薬としては、ナイスタチンなどがありますが、そのような薬品は長期の服用でビフィズス菌などの善玉菌をも破壊してしまいます。

 

これではカンジダ菌が一時的に減っても腸内フローラが無秩序状態のままになってしまいます。いずれ再びカンジダ菌の暴動が起きることでしょう。

 

やはり優先すべきは、ビフィズス菌とアシドフィルス菌を腸内フローラの新しい統治者として送り込むことです。

 

少なくとも最初の数週間だけでも乳酸菌サプリメントの力を借りて、変化のはずみをつけてあげましょう。

 

乳酸菌革命の公式ページはこちらへ

= スポンサードサーチ =