カンジダ症の原因

=スポンサードサーチ =


カンジダ症の原因は腸内フローラの不調

今すぐ試してみてください。
これがカンジダ菌を除去するカプリル酸の効果です!

 

カンジダ菌の除去に役立つカプリル酸の秘密についてはこちらへ

 

カビの菌糸

 

カンジダ症(カンジダ菌感染)の原因は、何か一つの原因というよりも、幾つもの要因が重なって腸内細菌の多様性が低下し、腸内フローラが不安定になってしまうことにあると考えられます。

 

特にカンジダ菌の監視役であるビフィズス菌などの善玉菌が減少すると、カンジダ菌が異常増殖を起こしやすくなります。

 

カンジダ症につながる腸内フローラの不安定化の原因として、以下のようなものがあります。

 

抗生物質

抗生物質は病気のもととなる病原菌を殺しますが、同時に有益な善玉菌をも殺してしまいます。その結果、カンジダ菌を含めて細菌、ウイルスやカビ、寄生生物が繁殖しやすい土壌をつくってしまいます。善玉菌がいなくなった腸内フローラは無法状態の国家と同じで、有害な細菌たちがここぞとばかりに暴動を起こしてしまうのです。

 

ステロイド

ステロイド剤の長期の使用は、免疫力を低下させて細菌の感染を促進してしまいます。また増殖した有害な細菌は腸に炎症を起こし、腸の透過性を高めます。この漏れやすくなった腸から、細菌たちが全身に感染していき、様々な部位で炎症を起こすようになります。。

 

制酸薬

胃酸をおさえるタイプの胃薬も注意が必要です。胃酸は病原菌を殺したり、食べ物を消化するのに大切な役割をしますが、その胃酸の分泌が抑えられると病原菌は小腸までたどり着いて定着してしまいます。また未消化の食べ物が増えると、それもリーキーガット(漏れやすい腸)を促進します。

 

消炎鎮痛剤の多用

痛み止めとして使われる非ステロイド系の抗炎症剤(NSAIDs)は、消化器官の修復のプロセスをさえぎってしまいます。また、胃や十二指腸に潰瘍ができやすくなったり、出血や腸粘膜へのダメージ、消化器官への炎症を引き起こします。こうして腸の透過性が高まり、カンジダ症やリーキーガット症候群を引き起こします。NSAIDs系の薬としては、アスピリン・イブプロフェン・インドメタシンなどがあります。

 

ガンの化学療法・放射線療法

化学療法で使われる薬や放射線治療ににより、腸内フローラのバランスは著しく崩れます。食物の吸収不良が起こりやすくなり、放射線治療後には細菌が体の他の部位に転移するとも言われます。特にお腹部分への放射線治療は腸の粘膜層の状態を悪化させ、リーキーガットにつながります。

 

不健康な食事

栄養バランスの悪い食事により、腸内フローラはてき面に影響を受けます。中でも、腸に炎症を引き起こしやすいアルコールやカフェイン、精製された食品、食品添加物などの摂取が多いとリーキーガットが起きやすくなります。また、砂糖や炭水化物はカンジダ菌の好物なので、これらの食品を摂りすぎるとカンジダ菌が繁殖します。

 

歯の詰め物

最近はだいぶん減ってきたようですが、歯の治療の際に詰め物として水銀アマルガムが使われることがあります。水銀は抗生剤としての作用があり、腸内の善玉菌を殺してしまいます。その結果、カンジダ菌の繁殖しやすい環境が常時出来上がってしまうと考えられています。

 

カンジダ菌を良い子にさせる5つのステップはこちら

= スポンサードサーチ =