カンジダ菌対策にカプリル酸

カプリル酸がカンジダ菌の勢いを抑え込む!

カプリル酸は、カンジダ菌治療に使用される脂肪酸の一種です。

 

カプリル酸の効果については、ウィキペディアでも以下のように解説されています。

抗菌活性を持ち、しばしばカンジダ症の治療に供される。栄養学者エリカ・ホワイト (Erica White) によれば、カプリル酸は腸に感染したカンジダ菌への対処に有効である。カンジダ菌は腸でコロニー形成することも多いが、長鎖脂肪酸が存在すると細胞膜組織に侵入しにくくなる。このため栄養学者はカンジダ症の患者にはまずカプリル酸を勧め、その後クローブ油やオレガノ油などの植物油に移行する。
引用元:ウィキペディア「カプリル酸」

 

カンジダ菌はとてもしぶとくて、腸の内壁に根を張ってコロニーを築き、そこから全身へと散らばって悪さをすることになります。

 

そこでカプリル酸を定期的に摂取しておくなら、長鎖脂肪酸の働きによって、カンジダ菌が居座ったり、全身に散らばっていくのを防げるというわけです。

 

逆に、はじめにカプリル酸でカンジダ菌の逃げ道をふさいでおかなくては、いくら殺菌しても効果の薄いものとなる可能性は否定できません。

 

カプリル酸を摂取する方法

カプリル酸を多く含むのは、バターやココナッツオイルです。

 

中でも、ココナッツオイルはカプリル酸だけでなく、カンジダ菌殺菌に有効なラウリン酸も多く含んでいます。
ココナッツオイル

 

そのため、ココナッツオイルを毎日摂取するだけでも、カンジダ菌対策としては優れた方法といえるのです。

 

またココナッツオイルを摂取するメリットは、単にカンジダ菌対策にとどまりません。

 

美容面では、ダイエットや美肌に役立つとされ、スーパーモデルのミランダー・カーも「ココナッツオイルなしでは生きていけない」というほどの愛用者として知られています。

 

他にも、健康面では糖尿病・便秘・認知症・アトピー性皮膚炎・心疾患・冷え症などの予防に役立つともされています。

 

それで、総合的に考えてカンジダ菌対策として一番おすすめするのは、ココナッツオイルを毎日摂取するということです。

 

サプリメントなら飲みやすくて便利

ココナッツオイルは、最近では近所のスーパーでも売られています。

 

しかし、そのままのオイルで摂取するには以下のような不便さもあります。
・人によっては独特の風味が苦手。
・料理やドリンクに混ぜる方法もあるが口に合わない人もいる。
・特に子どもは飲みにくく感じる。
・良質なものかどうか判断しにくい。
・携帯しにくいので外出先、宿泊先で摂取できない。
・寒い季節はガチガチに固まって使いにくい。

 

そこでお勧めするのは、日本初のココナッツオイルのサプリメントです。

 

ココナッツオイルのサプリメント

 

ココナッツオイルサプリメントの公式サイトはこちら

 

このV.O.Cサプリ(ヴァージン・ココナッツ・オイルサプリメント)は、良質で新鮮なヴァージン・ココナッツオイルの原液をそのまま配合したサプリメントです。

 

カプセルタイプなので、携帯も便利で飲みやすいのが特徴です。

 

1日3粒を目安に、喉につかえる心配のない年齢のお子さんからご高齢の方まで家族みんなで摂取できます。

 

商品お届け日から15日以内であれば、たとえ全部飲み切っても容器だけ返せば代金を全額返金してもらえますから、安心して試せそうです。

 

公式サイトには、購入者の感動の声が幾つも掲載されていますので、一度ご確認ください。
↓ ↓ ↓
V.O.Cサプリメント公式サイトはこちらへ

 

= スポンサードサーチ =